k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

#XMTrading EURAUD グリッドトレード手法運用メモと運用実績報告

スポンサーリンク

グリッドトレード XM EURAUD 運用実績を掲載

  • 取引ツール:千刻 Ver 4.6
  • 口座:XM スタンダード、レバレッジ888

〈myfxbook公開URL〉http://www.myfxbook.com/members/k144/xmstd888/3608069


【現在の状況】

f:id:k-144:20191214093456j:plain
20191214 XMSTD888 千刻 EURAUD

  • :エントリーポイントです
  • :利確ポイントです
  • 青い点線:エントリーから利確までをつないでいます(掲載画像では見えにくいです)
  • グリーンの一点鎖線:保有ポジションです

【課題】

  • 買い長期保有ポジションのスワップポイントのマイナスが増え続けている


〈この記事の内容〉

2019/11/25 〜 2019/12/14 の運用実績

  • 運用期間:2019/11/25 〜 2019/11/14(市場稼働日数:15日間)
  • 獲得Pips:728 Pips
  • 損益:4,731 JPY
  • 運用メモ:買い許容ポジション数:7 → 12
    |xBuyAllowPosition|12:許容ポジション数|
  • 現在の保有ポジション数:買い:9(0.09Lot)売り:5(0.05Lot)
  • 必要証拠金:544 JPY、余剰証拠金:31,695 JPY、証拠金維持率:5,925.70%


2019/10/10 〜 2019/11/22 の運用実績(運用開始:2019.10.10)

  • 運用期間:2019/10/10 〜 2019/11/22(市場稼働日数:32日間)
  • 獲得Pips:1,205 Pips
  • 損益:9,387 JPY


現在の状況はこんな感じ↓

f:id:k-144:20191123202932j:plain
20191122 XMSTD888 千刻 EURAUD

お試しでEURAUDを始めてみたが、グリッドトレードは上がったり下がったりすることで必ず設定した値幅で利確していくため、資金がショートしないように管理をしっかりしていれば基本的に負けなしのすばらしい手法。
(注意:市場の動き方によっては当然含み損を抱えることになる。マイナススワップの条件下においては、決済時ポジション単体で実質マイナスとなることはある。)


資金管理をしっかりやれば、特定の通貨ペアに拘らなくてもよさそうではあるが。


現在の保有ポジション(2019.11.22時点)からわかること


f:id:k-144:20191124094907j:plain


現在の保有ポジション、スワップポイントのマイナスが大きくなってしまっている。
利確するときの損益は設定上必ずプラス益となるが、マイナススワップとの合算でトータルマイナスとなり、ポジション単体で見た場合実質負けとなってしまうという状況が必ず起こってくる。

保有期間が長期になった場合、スワップポイントを加味しても実質マイナスとならないような通貨ペアとロング・ショート選択を検討することで効率の良い運用もできそうではある。


今後の運用方針


さて、

これからどうしよう。


証拠金維持率を確認しながら現在価格付近でもエントリーできるようポジション数を増やしていこうかと考えている。


設定を広げて、さらに利益拡大を狙っていきたいところだが、まだまだ資金管理意識が甘いと思えるようなことを平気でやってしまうふしがある。

繰り返しになってしまうが、グリッドトレードは資金管理をしっかりやっていれば負けなしのすばらしいトレード手法


資金管理意識をもっと向上させるためにしっかり知識を入れておきたいとも思う。

カスタマーレビュー「星5つ中の4」、自らの資金管理意識を高めるために基本を学ぶために手元においても損はないのではないだろうか。


千刻パラメータ

〈現在の買いパラメータ〉

変数
xBuyOpenMode NORMAL_OPEN:オプション機能を適用せず注文
xBuyCloseMode NORMAL_CLOSE:オプション機能を適用せずに決済
xBuyLots 0.01:買いトレードの取引ロットサイズ
xBuyStepLots 0.0
xBuyMaxPrice 1.638:新規注文を行う上限価格
xBuyMinPrice 1.61:新規注文を行う下限価格
xBuyProfitTakePrice 0.0
xBuyLossCutPrice 0.0
xBuyIntervalPips 20:買いトレードの注文間隔
xBuyProfitPips 15:利益幅
xBuyStoplossPips 0
xBuyOpenStopPips NORMAL_OPENモード時設定不要
xBuyCloseTrailStartPips NORMAL_CLOSEモード時設定不要
xBuyCloseTrailStepPips NORMAL_CLOSEモード時設定不要
xBuyAllowPosition 7:許容ポジション数
xBuySummarizeMode NOT_SUMMARIZE:ポジション集約しない


取引実績データ

〈20191122XMSTD888-statement.xlsx〉

〈myfxbook公開URL〉http://www.myfxbook.com/members/k144/xmstd888/3608069


利用しているツールに関する情報

グリッドトレードは等間隔で注文と利確幅を設定してトレードするという単純なロジックなので、手動で実行することもできます。この手法に興味を持ち始めたときに、しばらく手動トレードをやってみました。やってみて手応えを感じたので自動で実行するするためのツールを探し始め、千刻と出逢い現在に至っています。


グリッドトレードを実行するためのツールですが、MT4のEA(エキスパートアドバイザー)で「千刻」というツールを利用しています。

20191122220105

【ご検討される方へご案内】
EAは販売サイトから自由にダウンロードをすることができます。
デモ口座で試してみたい場合は、ライセンスを購入しなくても利用することができます。


利用している口座に関する情報

利用している口座は海外ブローカーの「XM Trading」です。

最低10通貨(1Lot=1,000、MT4最低取引0.01Lot)から取引できるマイクロ口座と、最高レバレッジ888:1倍の口座環境で、少額資金からでもグリッドトレードを実施することができます。


関連記事