k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

【仮想通貨】エアードロップで、Rebelliousトークン2,000REBLを獲得した![crypto currency] I got Rebellious token 2,000 REBL with Air Drop!

スポンサードリンク

f:id:k-144:20171223165500j:plain

エアドロップとは何か
What is an air drop?

ICOとは違う「Airdrop」という手法。
A method called "Airdrop" that is different from ICO.

www.ikedahayato.com

towani.info


Rebellious について
About Rebellious

www.rebellious.io

Rebellious が目指すもの
What Rebellious aims for

暗号通貨は日増しに普及しています。例えば、既に何千ものオフライン決済において、Bitcoinやその他の暗号通貨での支払いを受け付けています。私たちRebelliousは、このような普及をさらに推し進め、すべ ての主要なe-コマースプラットフォームにおける暗号通貨トランザクションモデルを開発いたします。
Cryptocurrency is becoming ever more popular; thousands of o line merchants, for example, already accept Bitcoin and other cryptocurrency payments. At Rebellious, we plan to further this progress and develop cryptocurrency transaction models for all major e-commerce platforms.

PrestashopやWooCommerce、Shopify、BigCommerce、Magentoなどのプラットフォームへ暗号通貨を導入することで、銀行やクレジットカード会社による世界経済の独占市場を破壊し、本当に誰にでも利用可能なe-コマースを作り上げます。
By bringing our currency to platforms like Prestashop, WooCommerce, Shopify, BigCommerce and Magento, we plan to break down the global nance monopoly manipulated by banks and credit card companies and make e-commerce truly accessible.

Rebelliousホワイトペーパーより引用
Quoted from Rebellious White Paper


2,000REBL獲得した
2,000 REBL won

f:id:k-144:20171223144143j:plain

12月4日に申請して、12月23日にようやく送られてきた。
I applied for it on December 4 and finally sent it on December 23.


エアードロップ終了後サプライズ発表があるらしいが、ちょっと楽しみ。
There seems to be a surprise announcement after completion of air drop, but it is a little fun.

Rebellious に対するこれからの個人的取り組み
Future Personal Approach to Rebellious

  • Rebelliousを成長させるための応援活動
    Support activities for growing Rebellious
  • 活動期間:2018年1月1日から1年間
    Activity period: 1 year from January 1, 2018
  • バウンティ:50,000,000トークン
    Bounty: 50 million tokens
  • マーケティング、翻訳、プログラミングなどのタスク
    Tasks such as marketing, translation, programming

これから自分に何ができるのかわからないが、とりあえずREBLトークンホルダーとなった今、ブログを通じて情報発信して行きたいと考えている。
I do not know what I can do for myself, but now that I have become a REBL token holder for the time being, I'd like to disseminate information through blogs.