k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

AutoCAD操作学習レポート

Autodesk AutoCAD LT 2014 Commercial New SLM

先月からAutoCADの操作学習をしているので、その成果を情報共有したいと思います。
まず、操作学習の準備として環境整備を考えました。


フリーで使えるCADソフトの調査

AutoCAD」は高額なソフトウェアなので、個人的に購入することはなかなか難しいと思います。
調べたところ、互換性の高いCADソフトが存在しているようです。

  • 互換性を考えると「DraftSight」というフリーソフトが利用できそうである
  • DraftSight」について、
    • 完全に無料
    • 業務利用でもライセンス上問題なし
    • 印刷不能などの機能制限もなし
    • 3次元CADのソリッドワークスを作っているダッソー・システムズ製

ソフトのダウンロードとインストール

AutoCADの教本準備

  • 書店にて初歩的な内容がわかりやすく書かれているものを選定
  • 「これからはじめるAutoCADの本」 著者:稲葉幸行 技術評論社発行

  • 本の帯のフレーズ「一番やさしいデザインの教科書です。」基本中の基本というような内容になっています。操作の基礎を覚えるための教科書ですね。ステップアップにはもっと詳しい解説書が必要になると思います。

学習の手順

  1. AutoCADの教本を基本にすすめる。
  2. AutoCADDraftSightツールボタンやメニューコマンドの違いは、直感的にわかるところはそのまま操作を行う。
  3. ツールボタンやメニューコマンドなどの違いのある箇所はマニュアルで調べ、読み替え解釈しすすめる。
  4. 付属DVDに「レッスンファイル」が収録されているので、これを活用して教本の手順に従いすすめる。