読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春樹さんの新刊本「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」ハルキノミクス効果!?で、音楽業界に「春樹特需」

4月中旬発売から1週間で、発行部数100万部に達したそうです。

この本のなかで、主人公が「巡礼の年」というクラシックを聴くシーンが印象的に描かれていて、本を読んだ人はその曲を聴きたくなるのだそうです。

本の中でその楽曲が紹介されたことによって音楽業界でもCDの売れ行きが好調という効果が出ているそうです。