k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

【iDeCo】SBI証券、プラン変更 ID及び初期パスワードのお知らせが届いた!

スポンサーリンク

〈この記事の内容〉


人生100年時代、老後資金2,000万円、現役引退後の生活に困らないよう最低限の蓄えは準備しておきたい


ちょっと前、「老後資金2,000万円」という試算が話題になっていたが…

実際ここまで準備できないにしても、少しでも老後の蓄えにと考えて始めたiDeCo。

〈キーワード〉

  • 人生100年時代
  • 老後資金2,000万円


iDeCoは自分で運用方針を決定(運用銘柄の選定)する必要があり、銘柄によってはプラスにもマイナスにもなり得る。元金を少しでも増やしたいと思うのは当然のことで、それには運用する銘柄についての知識と理解を深めることが必要。

iDeCo開始当初、SBI証券「オリジナルプラン」の中から選定し運用してきたが、2018年に追加された「セレクトプラン」には低コストで人気のある銘柄などが盛り込まれたことから、「セレクトプラン」への変更も選択肢としてありだ。

私としてもこのことに興味を持ち、自分なりの情報収集経路からインプットしてきた運用銘柄選定方針(自分なりの戦略)に沿わせるため、オリジナルプランからセレクトプランへと変更手続きを進めてきた。

k144.hatenablog.com


iDeCoについて学ぶ

www.ideco-koushiki.jp



プラン変更届提出からおよそ2ヶ月、加入者サイトID及び初期パスワードの通知が到着

プラン変更届を提出したのは6月後半、ようやくセレクトプランでの加入者サイトの準備が整ったようである。


f:id:k-144:20190817160757j:plain



プラン変更の流れをおさらい

  • 6月後半:プラン変更届提出
  • 8月17日:プラン変更届:毎月1〜5日までにSBI到着分 → 翌月中旬にIDおよびパスワード発行 → 翌月26日より引き落とされる掛け金から新プラン運用
  • 8月17日:プラン変更届:毎月6日〜月末までにSBI到着分 → 翌々月中旬にIDおよびパスワード発行 → 翌々月26日より引き落とされる掛け金から新プラン運用
  • これから:現在のプランで運用している資産:新プランID発行後、任意のタイミングで現金化 → プラン変更届の締日(毎月5日)から2〜3ヶ月後に移換
  • これから:新プランの掛け金分配設定:拠出日(掛け金引落日の12営業日後)の前日までに利用者サイトで設定する


スポンサーリンク



さっそく加入者サイトにログイン

まずは案内通りにパスワードの変更とメールアドレスの登録を実施。


運用資産の移換はまだ実行されていない模様。

掛金の配分割合が指定されていない旨のメッセージが。


プラン変更後、掛金の配分割合を設定が必要


これからセレクトプランで運用してゆく銘柄を設定する。


〈プラン変更届提出時点で検討していた銘柄〉

  • 米国株式:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • 先進国株式:ニッセイ外国株式インデックス
  • 先進国株式:eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • REIT:三井住友・DC外国リートインデックスファンド


この時点で再検討、

物事を決めるときには、一時的な感情や衝動的な感情で決めてしまうより、時間を置いてもう一度考えてから結論付ける方が、自分の考え方への確信も高まる。


加入者の動向を探る。


  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)掛金増加額トップ


  • ニッセイJリートインデックスファンド騰落率No.1
  • 三井住友・DC外国リートインデックスファンド騰落率No.4
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)騰落率No.6


プラン変更後、掛金の銘柄と配分割合の決定

No. カテゴリ 銘柄 配分割合
海外株式 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 50%
国内不動産 ニッセイJリートインデックスファンド 25%
海外不動産 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 25%



スポンサーリンク



変更前のプランからの移換金の配分設定


〈移換金の配分割合の説明〉

移換金の配分割合指定とは、当プランへ移行する移換金(企業型年金や個人型年金の年金資産、または企業年金制度の脱退一時金相当額等)で今後購入する運用商品や購入割合を指定することです。


移換金入金日の前日までに指定した場合、入金日の翌営業日から購入手続きが開始されます。


入金予定が決まりますと、下記「入金予定金額」、「入金予定日」が表示されます。表示前であっても、配分割合の指定は可能です。早めにご指定ください。


入金日の前日までに移換金の配分割合を指定しなかった場合、入金日時点で掛金の配分割合(加入者のみ)の設定が既にされていると、自動的に掛金と同じ割合で運用商品が購入されます。


これまでオリジナルプランで運用してきた資産は、任意のタイミングで現金化される。

これがセレクトプランの口座へ入金されるときに、どの銘柄を買い付けるかを指示するのが、この移換金の配分設定になる。


私はすでに、プラン変更後の掛金配分設定を済ませているため、移換金の配分設定にも同じ設定が反映されているようである。



ところで変更する前、オリジナルプランでの配分割合はどうだったのか?



半分は「DCニッセイ外国株式インデックス」を買っていたようだ。


これは山崎元氏の著書で学んだ銘柄で、開始当初から運用し続けてきた。

k144.hatenablog.com



オリジナルプランでの実績はどうなのだろうか?



途中で銘柄変更しているため保有している銘柄数は増えているが、
プラスになっているのは2つだけ。


その1つが「DCニッセイ外国株式インデックス
これは安定運用されているという証だろうか。
開始当初から買い続けてきた銘柄であり、それなりに思い入れもある。


「これまで運用してきたこの銘柄だけはそのまま引き継ぎたい」という思いもあるので、
とりあえず次のように配分設定したい。

No. カテゴリ 銘柄 配分割合
海外株式 DCニッセイ外国株式インデックス 50%
国内不動産 ニッセイJリートインデックスファンド 50%


上へ戻る


スポンサーリンク