k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

【2019都会をあそぶ企画】今回のメインイベントはユーミンライブ!

スポンサーリンク

YUMI MATSUTOYA TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years 2019/4/4.6.7 at YOKOHAMA ARENA
DVD/Blu-ray 発売中!


ライブ当日、映像収録があると知らせてくれたのはご本人さまから。

WOWOWでの放送とディスクの発売予告の情報も。

TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years [Blu-ray]

TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years [Blu-ray]


WOWOWでの放送はしっかり録画して楽しみました。

ダブルアンコール、WOWOWでは放送されませんでしたが、
発売されたディスクにはしっかり収められています。


4/6の横浜公演では観られなかったトリプルアンコール。

これもしっかり収録されています。


ご本人さま

「トリプルコールは今日だけだと思う、だって横浜だもん!」

って言われていましたね。


トリプルコールの日に観に行けなくて残念でしたが、

「海を見ていた午後」存分に楽しみたいと思います。


2019年4月横浜アリーナ3公演、本当にお疲れさまでした。

そしてユーミンさまはじめ、メンバー、関係者のみなさま、

感動をありがとうございました。



【収録映像を繰り返し観てみると】

  • 現地、肉眼では見えなかった表情やポーズなど詳細でまた楽しめる!
  • 演奏、コーラスメンバーとのコラボレーション、掛け合いシーンもまた楽しい!
  • 観るたびに完成度の高さに感動する。


こんなこと感じながら何回も見てしまいます。


2019/4/6 横浜アリーナ 松任谷由実ライブ
2019/4/6 横浜アリーナ 松任谷由実ライブ


2019都会をあそぶ企画、今回のメインイベントはユーミンライブ!というか、それが目的

世間では最大10連休と騒がれているGWですが、
私のGWもう終わった感じです。


今回はユーミンのタイムマシーンツアー4/6横浜アリーナ参戦!
(通の間ではこう言うのですね、笑)

しかも私は初ユーミン、初参戦!


とても良かったです!


若い頃ユーミン聴いていましたが、特別ファンというわけではありませんでした。
当時を懐かしんで、たまたま買ったアルバムに購入者特典としてチケット先行予約販売の権利が付いていました。
これに申し込んだら当たったので、今回の横浜アリーナを楽しんできました。

ユーミンからの、恋のうた。(初回限定盤B)(3CD+DVD)

ユーミンからの、恋のうた。(初回限定盤B)(3CD+DVD)

ユーミンからの、恋のうた。(通常盤)(3CD)

ユーミンからの、恋のうた。(通常盤)(3CD)



初ユーミン楽しんだ感想!

【入場前】

17:30開場ということで、
私は新横浜駅のホテルを17:15頃出発し、
横浜アリーナ方面へ向かうが、
そこにはすでに人の流れが…

これってみんな観に行く人達でしょ!?

年代的には我々と同年代の方も多いように感じました。

そう思うと何故か安心して見に行ける感覚が…
(歳とった証かな?)

アイキャッチ画像の写真、みんな撮ってましたね。


〈今回利用したホテル〉



【入場してみると】

「センターステージ」という配置らしいです。

横浜アリーナでは、会場の構築をコンピュータ制御で行う近代的なシステムになっているようです。(ただの体育館じゃないんですね、笑)

ステージは四隅に柱が立った櫓のような作りに、

スモークが焚かれていてステージ構造物のデザインと相まって幻想的な雰囲気に。


私は「Fブロック19列61番」だったのですが、ステージまでの距離感それほど遠くないって感じでしたが、肉眼では流石に顔の表情まで察することはできませんでした。

この方のツイートのように、やはり大型ディスプレイのような配慮があれば嬉しかったです。

私が行ったのは4/6公演でしたが、映像収録日だったそうです。

WOWOWでの放映とブルーレイ収録などあるそうなので、もう一度じっくり楽しみたいと思っています。
(観た後はすっかり心を鷲掴みされ、営業戦略のカモになってます。WOWOW契約して録画するか、それともブルーレイ買うか?)


【開演】

やっぱ生はいいですね!


感動しました!



【私なりに感じた見どころ】

  • ダンサーとの共演
  • 照明の演出が最高
  • サーカスもどきのパフォーマンス
  • 観客を巻き込む光の演出


今回のタイムマシーンツアーには、これまでやってきた過去のライブツアーの要素を取り入れながら作り上げているとユーミンさんはおっしゃっていました。

ライブステージのパフォーマンスですが、初めて観覧した私には大満足でした。

観客一人ひとりには「フリフラ」というフラッシュライトが渡されていて、曲に合わせてこれがフラッシュする。さらにみんながこれを振りながら会場全体でステージを盛り上げる!

一緒にユーミンのライブを作り上げているような共感が。



スタンドには結構ノリノリな人もいましたよ。

曲によっては立ち上がって熱く観覧する人もいて、前席の人が立ち上がってしまうとステージは見えなくなってしまうので仕方なく私も立ち上がる場面もありましたが、自分でも熱くなる感があったりしてとても楽しかったです。


4/6公演、アンコールは2回でした。
4/7公演は3回だったそうです!

3日目が一番盛り上がったのでしょうか。



ユーミンライブ、ありがとう!


御歳65歳のユーミンさんですが、
一般の人よりも若く感じられますね!
動きも仕草も、

私の印象では、
どちらかというとクールな感じ
でしたが、
お茶目なところも新鮮でした。

まだまだやる!って言われてましたよ。
ご本人の口から。

これからも楽しみですね。



あとがき

私が感じた客層ですが、
入場前の待ち行列や席周辺の人たちの雰囲気では、
同年代(自分と)で、
夫婦で観覧されている方(ウチらもその一組)も
結構多いなって感じでした。


「私をスキーに連れてって」世代では、
ユーミン聴いてた人たちが一緒になるって、
極ありふれた出逢いなのかもね!


ユーミンさまもパワフルですが、
我々オジサン世代もまだまだ応援してますよ!


若い方でも結構ユーミンファンいるのですね。
女性が多い感じも。

ツイートとか見ると、
親子やファミリーで観に行きます!
っていう人もいたりして、
老若男女に愛されているユーミンさまですね!



ライブ終わって、
(夢じゃないけど)
夢のようなユーミンの世界からリアルに引き戻され、
感じたこと。


こんな遊び方もいいね!👍


ライブ終わった後は、
ユーミンライブにカンパーイ!(一日の締めなのでお約束の)
お疲れさまでした。

ってことで、
呑み食いしながら余韻を楽しみました。


田舎者の私達にとって、
都会の刺激を吸収するために街へ繰り出すのもいいのですが、
似たような行動パターンはだんだん飽きてくるので、
今回の遊び方には大満足でした。


機会があればまたやりたいですね。



【都会をあそぶシリーズ関連記事】

k144.hatenablog.com