k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

【本】バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

スポンサードリンク

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資


たぱぞうさんの記事を読んで迷わずポチッと。

これなら本嫌いの私でも読みやすそうです。

特に米国株に興味があるわけでもないのですが、この本の中から
著者流投資のやり方」を学んでみたいと思います。


知識も無く、ただやっていても成果には結びつかないので、
人のやり方を吸収して最初は真似でもいい。


成功している人の真似をする → 結果につながる


その中から自分流のやり方が少しづつ芽生え、それを確実に自分のものにしてゆけばそれでいい。



投資とは別の取り組みで、過去にこんな日記を書いています。

k144.hatenablog.com

成功者の言うことを素直に理解し、受け入れる。


ページメモ

バフェット太郎のポートフォリオ
10種すべて10%の均等保有
p.26

配当を再投資することで資産の最大化を目指す
バイ&ホールドで配当を再投資
p.27、p.32

日本の株式市場なんて世界の時価総額で言えばわずか10%にも満たない小さな市場
米国の株式市場は全体の半分を占めている
p.59

投資の世界はパッシブ運用の時代に突入した

多くの著名投資家たちもS&P500ETFを組入れたパッシブ運用を推奨
p.42、p.87

「自分ファースト」で生きてみよう!
p.104

コカ・コーラ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
プロクター&ギャンブル
フィリップ・モリス・インターナショナル
p.27、p.65、p.68、p.109、p.110、p.129、p.150

あらかじめ定めたルールにしたがって、定期的にリバランスする
p.167

より大きなお金を突っ込める投資対象を見つけるってことは、パフォーマンスの高い銘柄を見つけるよりずっと大切なこと

出口戦略を敢えて用意する必要はなく、必要なときに必要な分だけ配当を使い、それでも足りなければ必要な分だけ利食いして、残りはそのまま運用し続けた方が懸命