k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

「積ん読」でもいい、チラ見で惹かれた本は買っておけ!

スポンサードリンク


本屋に立ち寄ったときには、出入り口付近の自己啓発関連の特設コーナーをじっくり見るのがパターンになった。

いろいろ見ては、内容が似通っているものでも買ってみたくなる。

しかし、本を大人買いするほどの余裕もなく、どれにしようか見定めて一つ買ってくるという感じである。

「一つ買う」というのは、一度に何冊も買ったところで「読めっこない」という気持ちがあるためで、せめて「一つ」というふうに自分の中では決めているのだろう。

事実、もともと本を読むのが嫌いな私は、その一冊でさえ読み切るのが難しいというのが「ありのままの姿」である。


でも、「積ん読」でもいいじゃないか。
(妻に言ったら説教されそうだが…)

全部読めなくても一部でも心に響くフレーズに目を通し、本にはこんなことが書いてあったっけなんて時には思い起こし、「自らの行動の手引き」となればそれでいい。


余裕のあるときには「大人買い」をしてみよう!