k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

初レース参戦記

スポンサーリンク

久々のブログ更新となる。
今日のテーマは「ランニング」である。
ここのところ、記事投稿は専ら「ランニング」となっている。
それだけ熱が冷めずに継続できている証拠であろうか。
前回投稿した膝の故障についてだが、相変わらずである。
電気治療を数回してもらったが、効果が感じられず、それ以来医者には行っていない。
多少の違和感は様子を見ながら日々の練習は継続している。
走り始めは多少の違和感はあっても慣れてくると気にならなくなるため、気長に付き合うしかないと考えるようになった。

走り始めてから3ヶ月以上が経っているが、今日初レースに参加してきた。
朝、家を出発する頃は雷雨という大変な天候で、まさか初参加でこの雨の中を走らなければならないのかと少し気が重かった。
現地へ到着すると雨は上がっていた。
参加種目は「5km」。
スタートは9:00。
初参加なので、とりあえずマイペースで走るつもりだった。
しかし、始まってみると序盤は周りの人につられてか、調子に乗っていつもより完全にオーバーペースで進めてしまった。
中盤以降ペースは完全に落ち、どう見ても初心者の走り方であろうか。
今日もスタート前の膝には少し違和感があったが、いざ始めて見ると膝よりも心臓が悲鳴を上げているといった感じで、持久力の無さを実感した。
いや、明らかにいつもと違うペースでの走り方になってしまったので、ペース配分をもう少し考える必要がありそうだ。
終盤、スタートした公園に戻り、園内の時計が目に入ったところで9:25くらいだった。
練習で5kmのタイムを確認していた時は30数分程度だったので、30分が一つの目標ではあった。
今日はタイムのことはあまり考えていなかったが、残す距離500m程度で25分なら、30分切れるかもしれないと期待した。
残る力を振り絞り、少しラストスパートをかけ、なんとかゴールに辿り着いた。
結果は28分12秒で、初参戦にしては検討したのではないだろうか。
程よい達成感が得られ、自らをたたえてやりたい気分である。

初レースを終え、今後の課題であるが、
1.先ずは、今まで同様のトレーニングを健康維持のため無理せず継続して行く。
2.持久力を向上させたいので、距離を少しづつ増やして行く。
こんなことを念頭に、次の参戦目指して日々のトレーニングに励みたい。