k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

【ICO】WePower のホワイトペーパーを読み進めてみる(随時メモ)

スポンサードリンク

ホワイトペーパーはこちらから

英語がわかる方は WePower のサイトからダウンロードすることができます。

「WePower Japanese」のTelegramチャンネルで、
モデレーターのMotoyaさんが翻訳して下さっています。
t.me

WPRトークンを保有するメリット

  • 再生可能エネルギープロジェクトがWePowerプラットフォームを利用する場合、そのプロジェクトは発電量の0.9%をトークン保有者用のプールに寄付する。
  • トークン保有者は、その保有量に応じて寄付された電力が配分される。
  • トークン保有者は、寄付された電力を使用または販売することができる。
  • トークン保有者は、エネルギートークンのオークションに優先的に参加することができる。


現在のエネルギーマーケットの問題点とWePowerの目標

現在の問題点
  • 投資家
    • ローカル、グローバルどちらの投資参入機会も乏しい
    • 複雑で費用が高い投資プロセス
    • 投資が不透明
  • 発電事業者
    • プロジェクトに必要な資本が乏しい
    • 銀行とファンドによる監査による長くて、高い資金獲得
    • 常に自己資金が乏しい
WePowerの目標
  • グリーンエネルギープロジェクトへのグローバルな資本の参入機会
  • グローバルなグリーンエネルギー投資と取引参入機会
  • 迅速かつ透明な取引

これらの仕組みを提供することで現在の問題点を解決する。

WePower プラットフォーム

  • WePower はブロックチェーンによるグリーンエネルギー取引プラットフォーム。
  • WePower は再生可能エネルギー発電事業者が、電力をエネルギートークンとして発行することで資本調達を可能にする。
  • エネルギー発電事業者は直接グリーンエネルギーバイヤー(消費者や投資家)と取引し、市場価格よりも低い価格で発電に先行してエネルギーを販売し、資本調達を可能にする。