k.144 Personal Note

パーソナルノート・ライフログ、気の向くまま書き綴っています。

MT4を稼働させるPCをSSDに換装するための予備知識と覚え書き

現在MT4を稼働させているデスクトップPC

f:id:k-144:20160402203142j:plain

中古で購入した「HP Z200 Workstation」
お手頃価格ながらも、なるべく高性能なものをチョイスしたつもり。
しかしHDDアクセスのモサモサ感は否めない。

一旦起動させてしまえば気にならないのだが。
Windows 10の自動アップデートを無効にしているため、週末にシャットダウンし再起動させている。

最近SSD慣れしてきたせいか、この起動の遅さに大変ストレスを感じている。

k144.hatenablog.com

とりあえずAmazonで人気のSSDを確認する

一番人気のこの商品、240GBで6,824円(2016.8.14調べ)

  • サイズ:2.5インチ
  • インターフェース : SATA(SATA3)


現在主流の接続規格は「SATA」

SATAには、SATA、SATA2、SATA3の3種類がある。
主に使用されているのはSATA2、SATA3。
SATA3が最も新しく転送速度が速い。

  • SATA  : 150Mbyte/s
  • SATA2 : 300Mbyte/s
  • SATA3 : 600Mbyte/s

IDEとSATA パソコン初心者講座

念のためPCの仕様を確認する

f:id:k-144:20160814073934j:plain
接続規格:SATAを確認

f:id:k-144:20160814073952j:plain
f:id:k-144:20160814073944j:plain
幅=約100mm、奥行き=約150mm
HDDのサイズ:3.5インチを確認

3.5インチHDDの規格について

幅、奥行き、穴の位置、径、ピッチは規格化されているとのこと。

Seagate によると
高さ 26.11 mm × 幅 101.6 mm × 奥行き 146.99 mm.

3.5インチ 内蔵ハードディスクのサイズ - ハードウェア(サーバー) 解決済 | 教えて!goo

SSD換装に用意するもの

  • 2.5インチSSD
  • 2.5インチ→3.5インチ変換ブラケット
  • SATAケーブル

SSDの商品タイトルをよく見ると、
「MLC」やら「TLC」やら種類があるようである。

「Crucial」というメーカーでも、
1番人気のBX200というモデルは「TLC」
少し高いMX200というモデルは「MLC」

こちらのサイトにCrucialブランドのSSDについての評価があり、
MLCはそこそこの性能で、コスパも良い。
価格面のコスパで言えば、TLCモデル。
MX200はお勧めのようである。

さらにMX300という上位モデルが発売されている。
最新の3D NANDフラッシュテクノロジーというものが採用され、
システムの速度、耐久性、効率性が長期にわたり向上するとのこと。

SSDのSLCとMLCとTLCの違いとは - 自作パソコン入門

Crucialブランド3機種を比較する

モデル メモリタイプ 容量 シーケンシャル読み取り シーケンシャル書き込み Amazon価格(2016.8.14調べ)
MX300 3D TLC NAND Flash 275GB 530MB/s 500MB/s 8,981
MX200 MLC NAND Flash 250GB 555MB/s 500MB/s 8,717
BX200 TLC NAND Flash 240GB 540MB/s 490MB/s 6,824


換装の手引サイト

www.pc-master.jp


SSD換装に関する事前調査はとりあえずここまで。
次のステップとして、換装に必要なものを買ってみる。
k144.hatenablog.com