読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の家族 丸山 健二

WBSスミスの本棚にて放映


丸山 健二さん
1967年、23歳で小説「夏の流れ」が、芥川龍之介賞を受賞。

小説家 三浦しをんさんおすすめの一冊

「水の家族」

Amazonで「なか見検索」ができます。

最初に「主人公の私」が死んでしまう。
1行の詩と、数行の文章で構成される特徴のある文体。
マクロからミクロへスムーズに視点の移動がある。
主人公の私は、雨粒や鳥の糞などに化けたあと、命や人間について考える。
死んだあとの精神の成長を描いた不思議な小説。

人間という生き物は、
光と闇とのあいだをクルクルと回る星の表面に何の意味もなく、
乱雑に打ち棄てられ、
(中略)
蛆のように湧いてしまった、そんな忌まわしい鬱々たる存在ではない。

何でも意味と無意味で分類できるものではない
物の見方を示してくれた作品
三浦しをんさん)


三浦しをんさんご本人の作品

舟を編む

  • 2012年 本屋大賞 第1位
  • 70万部突破のベストセラー

4月13日(土)全国ロードショー

[>スミスの本棚:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京